よこはま・たそがれ と 伊勢佐木町ブルース と 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前記事で、ブルー・ライト・ヨコハマを取り上げましたが、横浜にはご当地ソングというか、横浜をテーマにして歌われた曲がたくさんあります。

横浜 – 神奈川県のご当地ソング一覧 – ウィキペディア

自分の知っている曲、よく聞いた歌もあれば、全く知らないものもあります。

まずはよく知っている3曲から。

ブルーライト・ヨコハマ同様、子供時代によく耳にしたのが、五木ひろしの「よこはま・たそがれ」(1971年)。

「たそがれ」って言葉の意味もよくわからなかったけど、ホテルの小部屋はなんとなく目に浮かんでた。

そして青江三奈の「伊勢佐木町ブルース」(1968年)。

「あぁん、ぁあん〜」「ドゥドゥビ、ドゥビドゥバ〜」は、子供はあんまり聴いちゃいけない歌かな、なんて思ってましたね。

今聴くとなんとも言えない昭和の香りと大人の色気。そしてこんな艶っぽい歌は今はほとんで耳にすることがないなぁ。

「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」ダウン・タウン・ブギウギ・バンド(1975年)もヒットしたし、大好きでラジカセに録音して何度も聴きました。
「ハマ」という言葉しか出てこないけど、少年時代の自分には、横浜と横須賀、そしてオトナの男女の「何か」を感じた曲でした。

他にもたくさんあるので、聴いたことのない曲もあらためて探して聴いてみたい。
ネットのおかげで探しやすくなったしね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*