6月2日:横浜開港記念日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「図説・横浜の歴史」(横浜市)より

横浜の歴史の大きな転換点となったのが、江戸末期の「開港」です。

日米修好通商条約をはじめとした安政五カ国条約に基づき、1859年(安政6年)6月2日(新暦7月1日)に横浜港は開港しました。

そして翌年の1860年(万延元年)の6月2日に、山車や手踊りで街中をあげて開港を祝ったのが、開港記念日の始まりとのこと。

また、開港100周年を記念した1959年(昭和34年)から、6月2日は市内の学校は休校になりました。

横浜開港祭

毎年、開港記念日をメインに開催される「横浜開港祭」ですが、今年2020年は新型コロナウイルスの影響で全てが中止に。残念……。

早くコロナ騒ぎが収束して、経済活動が正常化することと共に、横浜の横浜らしい姿が戻って来て欲しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*